「アディダス スーパースター」の誕生


アディダスの「スーパースター」は、1970年のオールレザーのバスケットシューズとして発表されました。

「adidas」を創設したアドルフ・ダスラーによって、1969年に「super star」は当時の最新技術を搭載し、
プロトタイプで開発されています。

テストを繰り返したのち、1970年に正式販売されたアイテムです。

そのアディダスは、世界的に有名なドイツのスポーツ用品メーカーで、サッカー日本代表のユニフォームを現在提供しています。

いまでは、名作として有名なアディダス「スーパースター」の最大の特徴は、
「シェルトウ(SHELL TOE)」、つま先のラバーガードです。

しかし、1970年代初頭より生産が開始されましたが、
73年くらいまではゴムのトウキャップ「シェルトウ(SHELL TOE)」はなく、
また初期タイプにはベロのロゴや、ヒールパッチのトレフォイルマークもありませんでした。

アッパーは本革を使い、すでにソールは現在に至るヘリンボーンソールをアッパーに縫い付けるやり方で
取付けてありますので、この頃からの仕様が現在までほとんど変っていません。



《アディダス スーパースター通販情報》

アディダスがバスケットボール界に革命!

「アディダス スーパースター」は、1970年に発売された当時の最新の技術が採用され、
その性能はアメリカのバスケットボール界に革命を起しました。

そのスーパースターのインソールの表面とアッパーに天然皮革を採用し、
激しい動きにも抜群のフィット感を与えました。

当時のバスケットボール界に衝撃を与えたつま先部分のシェルトップ(シェルトウとかシェルヘッドとも言う)は、
貝殻をモチーフにたことからその名前が付けられたたもので、耐久性とジャンプ着地時の安定性を向上させました。

瞬くの間にシェア獲得スーパースター

「スーパースター」の中空構造になったヘリンボーンソールは、
バスケットボールの激しい動きに対応するために新開発されましたが、
ストップ性とグリップ性、それに衝撃吸収性を飛躍的にアップさせました。

そのフィッティングの良さを、「まるで素足に3本線がプリントされているようだ」
という言葉を当時のトッププレイヤーであるアブドゥル・ジャバーが残したほどです 。

人気急上昇のアディダス「スーパースター」は、
1970年代、コンバースとプロケッズが圧倒的なシェアを持ったアメリカバスケットボール市場でしたが、
瞬くの間に高いシェア獲得することができました。

マニアの多い「スーパースター」

アディダスの「スーパースター」は、シェルトップと三本ラインに魅了されてきたマニアも多くいますが、
フランス製のオリジナルから、アジアなどに生産国の移った現在も色や素材、スタイルを微妙にかえて新製品が発売されている定番スニーカーです。

従来、スーパースターやプロモデル、その他のタイプのバスケットシューズのほとんどのものは
フランスの工場で製造されていました。マニアにとっては、フランス製がかなり重要なポイントです。

商品としては、「アディダス スーパースター 34678 ホワイト/ブラック 」や
「アディダス スーパースター 2 BSC 909261ホワイト/ホワイト/ブラック」などがあります。

1970年に発売されたバスケットボールシューズの復刻したものが出ていますが、生産終了という話をききます。

「アディダス スーパースター」に、
こだわりのあるマニアは今のうちにクラシックスニーカーの代表作を手に入れておいたほうがいいかもしれません。



《アディダス スーパースター通販情報》

歌舞伎