厚生労働省のメタボリックシンドローム特定健診 糖尿病や高血圧などの生活習慣病を予防する健康法

厚生労働省のメタボ対策「特定健診・特定保健指導」

厚生労働省の「メタボ対策」を本格的に取り組むように、2008年4月より実施が義務付けられた「特定健診・特定保健指導」です。この健診を一般には「メタボ健診」といわれています。

 

医療費が増大する中で、厚生労働省のメタボ対策は、生活習慣病の予防や早期発見のために、大切な役割があると考えられます。

 

メタボ(メタボリックシンドローム)は、内臓疾患などを引き起こす生活習慣病と捉えられ、医療費が財政を圧迫する時代には、まず病気予防に迫られています。 そのため、厚生労働省のメタボ政策の健診が開始されるようです。

 

メタボリックシンドローム(metabolic syndrome)とは、内臓脂肪型肥満に高血圧や高血糖、高脂血症のうちの2つ以上を合併した状態をいいます。

 

単独でもリスクを高める要因になる高血圧や高血糖は、多数重積すると相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高くなるため、そのリスクを、より早期に把握しようと試みられてきました。

 

偶然にリスクの集積が起きるのではなく、何か共通な基盤があり、それに基づいていると考えらているのです。

 

日本で着目する共通の基盤としては、内臓脂肪の蓄積による肥満があります。

特定健康診査・特定保健指導の内容

厚生労働省のメタボ対策「メタボ健診」は、正式名が特定健康診査・特定保健指導で、40歳〜74歳までの健康保険加入者の全員を対象行われます。

 

まず腹囲の測定とBMIの算出を行います。

 

厚生労働省の基準値は、腹囲で男性85p、女性90cm以上か、 あるいはBMI:25以上でもいけません。

 

BMIは、体重kg÷(身長m×身長m)で算出できます。

 

厚生労働省のメタボ対策基準をオーバーした人は、さらに血糖、脂質(中性脂肪及びHDLコレステロール)、血圧の検査になります。

 

厚生労働省のメタボ基準の血糖値は、空腹時血糖値が100mg/dl以上、またはHbA1c5.2%以上。

 

コレステロール値は、中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満です。

 

血圧の検査は、収縮期130mmHg、または拡張期85mmHg以上です。

 

メタボ健診では、喫煙習慣の有無も問題になり、危険度によりクラス分された保健指導を受けることになります。

 

厚生労働省のメタボ健診で、基準値を超えた場合に受ける保健指導には、「動機付け支援」と「積極的支援」という2つがあります。

 

■「動機付け支援」は、腹回りと血糖、血圧とコレステロールのうち、どれか1つ該当したメタボ予備軍の人が受けるものです。

 

生活習慣改善が必要のため、行動目標と計画の作成、実行ができるように、保健指導者が行う個別、もしくはグループ支援を原則1回受けなければいけません。その計画で効果が出ているかの評価を、半年後に受けます。

 

■「積極的支援」は、腹回りと血糖、血圧とコレステロールのいずれか2つ以上該当したメタボ予備軍の人が受けるものです。

 

先の「動機づけ支援」の生活習慣改善メニューに加えて、3ヵ月以上にわたって、複数回の支援を受けるものになります。

 

個別的またはグループによる支援のほか、手紙、電話、Eメールなどの直接的な方法で、食事や運動指導が行われます。

 

そして、動機付け支援と同様半年後に計画どおりの効果が出ているかの評価を受けることなります。

 

 

⇒メタボ対策の体重計・体脂肪計・歩数計はこちら詳細

食生活と運動量でメタボ対策

厚生労働省の「メタボ健診」の義務化で、自分の体型から想像して、どうも引っかかりそうだと心配されている方が多いはずです。

 

メタボ予備軍として宣告されるのも、精神的に辛いものがありますから、なんとか改善させたいと思いますよね。

 

メタボリックというのは、エネルギーが消費しきれないで余ってしまい、内臓部分に脂肪を蓄えてしまうことです。

 

そのため、カロリー消費量を増やしてメタボ対策するには運動をすることです。

 

当然、平行して食生活を見直すことも必要です。

 

ただし、仕事が忙しく運動する時間が、なかなかみつけられない方や、通勤に車を使わないといけないという方で、仕事によっては運動時間を決まってとれない状況にあるとか、いろいろな事情がでてきます。

 

まず仕事や体格、年齢などにより算出して、自分に必要なカロリーをみつけ、それに近づけるには、食生活から見直し、摂取カロリーを適正な量にすることです。

 

そのためには、今の生活で一日どんな食事をしているか、コマめに書き出して記録しておくこともいいことです。

 

ある程度記録が溜まったら、一日のカロリーを換算してみると大体のカロリーが分かります。

 

ネットで探すと食べ物のカロリーがわかったりしますし、コンビニで買ったものには裏に書いてあったりします。

 

 

⇒体重計・体脂肪計の詳細はこちら

 

 

本格的に「ダイエット」する前に、自分の食生活を見直す必要があります。

 

毎日3回の食事で、一般にボリュームが多いのは夕食ですよね。ですが、夕食の後の活動量は少ないと、後は寝るだけで消費されるカロリーが少なくなります。

 

これだけでもカロリー過多になっていることも多いのです。

 

そのことは、誰だってわかっているはずです。でも一日の仕事がすんで、リラックスできるのは夜ですから、食事以外にもお酒やお菓子なども食べることがどうしても多くなります。

 

「メタボ対策」を食生活やろうとするなら、夕食は控えめにして、活動量の多い時間帯である朝食や昼食に、ボリュームあるものや甘いものを取ることで、かなり改善されます。

 

すぐできるころから、まずメタボ対策を始めてください。

 

 


⇒メタボ対策グッズ