結婚式の招待状は他人に伝える最初の一歩

結婚式の招待状を業者に頼まないで手作りしたい人も多いと思います。結婚式の招待状は、自分たちの結婚式を親族や同僚、友人たちなどに伝えるのに、最初の一歩です。

記念すべき結婚式という人生で大きなイベントに、大切なお客さまを招待するのに、結婚式場に依頼できる定形の招待状では味気ないから、二人で作ってみたい気持ちが起こってきます。

結婚式招待状を手作りするには、機械が無かった時代のように一枚ずつ全く手書きにするか、パソコンとプリンタで作るかの方法があります。

今では、たぶん多くの方がパソコンをもっていると思われますので、パソコンとプリンタの組合せになると思います。

結婚式招待状を手作りする方法

結婚式招待状をオシャレに手作りするために、市販の招待状用のペーパーアイテムの台紙や封筒、返信ハガキや封シールなどもあります。これらがセットとなっているものを選ぶと便利かもしれませんね。

結婚式の招待状といっても、普通の郵便物ですから、Wordなどのワープロソフトを利用しても簡単に招待状を作成できます。もっとこだわって他人と違うものを望むなら、ペーパーアイテムを簡単に手作りできる有料のパソコンソフトがあります。

招待状のテンプレートが数多く付いていて、作りやすいと思います。例えば、クレオの「筆まめBridal 3」は、結婚式招待状や席次表、招待状返信用はがきやメッセージカード、席札やウェルカムボード、二次会の招待状や二次会返信用はがきなどのアイテムをつくることができるので、全てに統一感があるデザインで、懲りたい方にオススメです。

少し価格が安くなり、機能はおとりますが、「ブライダルデザイナー 6」は、Vectorからダウンロードで購入できます。このとき、少しでも手書きの温かみがあるように、元のなる招待状の原稿を手書きして、スキャナーで読み込んでプリンターで印刷することもできます。

パソコン全盛の時代ですから、時間とやる気があれば完全に手書きにする方法なら結婚式の招待状にインパクトがあります。

市販のペーパーアイテムの台紙を利用して、一人一人に合ったような文面を考えて招待状を作ることができます。ですが、結婚式の前というのは、何かと準備にあわただしいものですから、仕事と両立させ、自ら作業すること自体大変です。 しかし毛筆書きやペン字書きに自信があり、楽しく招待状を手作りできる他人には良い方法ですね。

招待状の書き方

招待状の書き方は、まず文面に最低限書かないといけない日時や式場の場所、新郎新婦の名前などの必要事項がなにかを確認しておきます。

これには結婚式の本やネットの検索などから得られる定形文の情報が利用できます。招待状の書き方は、ゼロから考えるのでなく、基本的には定形文をもとに招待状の文面をアレンジしていくのがやりやすいと思います。

アレンジするの文章には「、」や「。」といった句読点をつかわないで空白で表現するのが普通です。また重ね言葉や忌み言葉という縁起の悪い言葉は使わないなどの決まりがありますので、文章をアレンジするには注意が必要です。

結婚式場の招待状に同封するものに返信はがきがあります。返信はがきも、定形のものを参考に、表裏それぞれアレンジすると無難です。

さらに、会場への地図も同封しますが、地図は結婚式場に言えば無料でくれます。こだわるなら、この地図をスキャナで取り込んで、デザインを変えオリジナルのものにすることもできます。

その他、挙式に出ていただく方には、挙式の時間や場所などの案内する付箋なども同封します。同じように、スピーチをお願いした方や、乾杯の音頭と余興をお願いした人などにも、付箋をつけ、その旨を依頼する文章を添えておきましょう。









Yahoo!JAPAN| ベストブライダル aライン| 香里奈| ウエディングドレス| 結婚指輪|

結婚式 招待状手作り法

歌舞伎